ニキビをケア

女性の瞳(アップ)

ニキビとニキビ跡ではケアの方法に違いがあります。ニキビには炎症が起きていますが、ニキビ跡には炎症はありません。炎症が跡として残ってしまっている状態です。そのため、ニキビ用の化粧品は効果がありません。炎症後色素沈着というシミの一種になってしまっているので、ニキビ用の化粧品よりもホワイトニング化粧品のような化粧品が有効です。ホームケアを行うのには、保湿がしっかり出来てシミも消していけるような、新陳代謝を促してくれるような化粧品が効き目があります。そのため、ニキビ跡のみに効き目があるような化粧品を探すよりも、ホワイトニングの出来る化粧品から探してみたほうが満足できるものを見つけることができます。また、化粧品が全般的に多機能化していますので、そのような化粧品の中からニキビ跡にも効き目のある化粧品を探してみるのもおすすめです。

ニキビが出来てしまったら、酷いニキビ跡を残さないように注意が必要です。初期の状態であれば、肌の表面に近い部分に炎症が起きる程度で済みますが、炎症が酷くなってしまうと肌の奥のほうまでダメージを受けてしまいます。そうなるとなかなか治すことができない、色素沈着や跡が残ってしまいます。クレーター状などのように肌の奥のほうまでダメージを受けてしまうとセルフケアで治すのは難しいですし、美容外科などでの治療でも思ったほどの効果を上げることができません。場合によっては一生残ってしまう可能性もあります。ニキビが出来たときには病院へ行くなど適切なケアを行い、なるべくニキビ跡が残らないような工夫をするように心掛けましょう。